日曜日, 4月 05, 2009

天使達の春

 ロスアンゼルス(Los Angeles)はスペイン語で「天使達」を意味する。天使達の場所にやってきてから1週間が経とうとしている。海外生活も夫婦生活もどちらも初めてなので、何もかもが新鮮で、刺激に満ちた1週間だった。どうなることかと心配していた生活も、自由で開放的な雰囲気と関係者(もちろん奥さんも)の助力のおかげで、すぐに慣れた。英語も思ったより通じている(でも、事務的な話は苦手)。詳細はまた別の機会に報告することにして、最近撮った写真をアップしたいと思います。
 まずは、ラボのあるUCLAのLife Scienceの建物(僕がいるのは、Department of Ecology (生態学) and Evolutionary Biology (進化生物学))。外装は新しく見えるけど、中は結構古い。
 次の3枚は、我が家のあるUCLA University Apartment。まだ引っ越したばかりなので、ほとんどモノがない。1バス、2ベットルームで、月12万円ぐらい(ガス、水道、インターネット代も込み)。広くてとても快適。近くには(と言ってもかなり歩くが...)、大きなスーパーや日本人街があるので、生活に困ることはない。
 最後はサンタモニカ。海のあるいわき市出身なので、やはり海が近いのはうれしい(あまり泳げないけど)。サンタモニカの風景は絵になります。
遠き落日。この向こうに日本があるのですね。おーい。

4 件のコメント:

Hiro さんのコメント...

あ,いつのまにかアメリカだ.Best Luck. 更新楽しみにしてるぜ.

soramame_0518 さんのコメント...

Hiroさん、コメントありがとうございます。海外で一から生活を立ち上げるのは大変ですね。ぜひ先輩のアドバイスなど聞かせて下さい。

匿名 さんのコメント...

ええとこ住んどるなぁ〜  ちるにこふすき

soramame_0518 さんのコメント...

M永さん。おっと、ちるにこふすきさん。コメントありがとうございます。大学アパートは、きれいだし快適です。二人生活には広すぎるくらいです。初めて書斎なるものを持つつもりです。