水曜日, 4月 29, 2009

サンフランシスコ旅行記

 奥さんのお兄さんがLAに遊びに来たため、みんなでサンフランシスコを旅行してきた。寒い寒いとは聞いていたけれども、確かにサンフランシスコ(SF)は寒い。この時期でも、街にはコートを着ている人がいるぐらいで、LAと比べると5℃は寒い。
 今回の旅のメインは、世界遺産にも指定されているヨセミテ国立公園のツアー。SFのダウンタウンから500km強で、バスを飛ばしても片道で4時間半はかかる。フリーウェイとはいえ、道の状態は良くないのですごく揺れるし、この時間はなかなかしんどい。しかし、ガイドのクマさんがユニークな人で、サンフランシスコやヨセミテ公園の情報を上手に紹介してくれ、車中も楽しく過ごせた。バスの中で、「何が世界遺産なのか?」という質問が出て、クマさんが「見ればわかる」とかわしていたが、その言葉通り。見ればわかります。自然を目の当たりにして、己のちっぽけさを悟る瞬間は多々あると思いますが、ヨセミテ公園のそれは格別です。多くは語りません。写真をご覧下さい(機会があればぜひ行かれることをお勧めします)。
 それ以外では、市内を名物のケーブルカーで散策したり、ゴールデンゲートブリッジ(ゴールドラッシュとは無関係だそうだ)やアルカトラズ島(アル・カポネが収容されていた連邦刑務所があった)の周りを巡るツアーに参加したりした。LAとはまた違った良さがある街だった。UC BerkeleyやIT企業が本社を置くサンノゼにも行ってみたいので、またSFに来たい。

ヨセミテ渓谷:中央奥がハーフドームThe North Faceのロゴになっている)、滝はブライダルベール。何と美しいのだろう。
ヨセミテ滝:すごい迫力。ずいぶん離れたところにいても水しぶきが飛んで来る。
video
サンフランシスコ市内をケーブルカーで移動:とても楽しい
アルカトラズ(と僕):30分のツアーで10ドル。かなり寒い(鼻汁)。

0 件のコメント: